食中毒の潜伏期間と予防方法は?夏や梅雨時期の防止対策や原因も


食中毒が気になる季節になりましたね。じめじめ湿気の多い梅雨の時期と気温が上がる夏は、食べ物も傷みやすくなるので、食中毒の種類、原因や潜伏期間をよく理解し、しっかり防止対策を取りながら、体調を崩すことなく過ごしたいものですね。

 

 

食中毒の原因には、様々なものがある

食中毒の原因となりやすい食品の多くは生鮮食品です。肉類や魚介類や卵を生で食する時や火がしっかり通っていないとき、そのほかにもこれらの食材を使用した加工品が細菌に汚染されていると、食中毒が発生しやすくなります。

 

食中毒の原因となる細菌には次のようなものがあります。

 

カンピロバクター

肉類や、生乳や飲料水に多く存在する。犬や猫や小鳥などのペットの腸内にも存在するから、ペットと生活を共にすることで感染する場合も稀にある。

 

腸炎ビブリオ

海水からの魚介類に生息する細菌。生で食する刺身やすしなどを食べた際に感染することが多い。気温が15度以上になると細菌が活発化するため、夏場は特に注意が必要。

 

サルモネラ

肉類から感染する細菌。鶏肉や火をしっかり通して調理をしない牛のたたきや、レバー刺し、卵などから感染しやすい。

 

腸管出血性大腸菌(O-157など)

牛肉、ハンバーガー、ローストビーフ、生乳、サンドイッチ、サラダなど。こちらもしっかり火が通っていなかったり生で食することによって感染する。

 

セレウス菌(下痢型)

お肉の加工品(ソーセージ、ウインナー、ハムなど)やスープ類に多い。

 

ウェルシュ菌

お肉を使った煮つけやシチューなど調理後に長く放置されていた食品に発生する。酸素を嫌う菌である。

 

ボツリヌス菌

こちらも酸素を苦手とする菌で、真空パック入りの食品や、缶詰、瓶詰や発酵食品に発生することが多い。

 

セレウス菌

チャーハン、おにぎり、仕出し弁当やスパゲッティに多い菌。

 

ブドウ球菌

人の手を介して感染するため、おにぎりやお寿司など手で握るものやサンドイッチや和菓子にも発生する。

 

食中毒の潜伏期間や症状は菌によって違う

摂取した食品に潜んでいた細菌や食べた量によって異なります。

食中毒の菌・バクテリア潜伏期間症状
カンピロバクター1日から7日腹痛や不快感から始まり、嘔吐、下痢など
腸炎ビブリオ10時間から20時間悪心、嘔吐、下痢、粘血便、発熱、腹痛やチアノーゼが出ることも
サルモネラ6時間から48時間38度ほどの発熱や、嘔吐、腹痛に下痢
腸管出血大腸菌(O-157など)3日から9日嘔吐、出血を伴う下痢や腹痛。熱は出てもまず38度を超えない。体力がない子どもやお年寄りは合併症が起こらないように注意。
セレウス菌6時間から16時間水様性の下痢、腹部のけいれんや腹痛など。
ウェルシュ菌長く8日から22日腹痛や下痢。下痢は1日数回程度の軽いもので、2,3日で回復することがほとんど。
ボツリヌス菌6時間から15時間ものが2重に見えたり、視力が一時的に弱る、話しづらい、耳鳴り、呼吸困難や唾液や汗などの分泌異常が起こる。
セレウス菌30分から6時間吐き気、嘔吐、下痢、腹部のけいれん。嘔吐が激しいため、吐しゃ物がのどに詰まることも。
ブドウ球菌2時間から4時間食中毒症状は、激しい嘔吐、下痢。重症化すると下痢は、粘血便になることもある。ほとんどが、1,2日で回復する。


 

食中毒にかかったら

食中毒にかかったら、一番に気を付けなければいけないことは、脱水症状です。嘔吐や下痢で著しく体内から水分が減少します。水分補給をこまめに行いましょう。

水分補給には、お茶、水、スポーツドリンクが適しています。おなかを刺激しないよう冷たいものは避けましょう。また、お腹に負担になるので、甘い味のついた飲料水や炭酸入りのものは避けましょう。

 

自己判断で薬をのまない

市販の薬でも下痢止めがあります。まだ菌がある状態で下痢止めを飲んでしまうと、体内から菌ができらずに治りが遅くなります。お薬はお医者さんの指示に従って飲みましょう。

 

食中毒の予防対策

 

    手洗いをこまめにしよう

食品に触る前には、必ず手を洗うようにしましょう。トイレの後ももちろんですし、調理中にお肉を触った後に生で食べるものを準備する時もしっかり手を洗ってから触るようにしましょう。

また、キッチンタオルをこまめに、殺菌をしっかりして洗ったり、変えることも必要です。

 

    食品をしっかり洗おう

食品は買ってきたときにすでにきれいな状態になっていることが多いですが、パッケージに入れられてからの経過はわかりませんので、調理する前にしっかりと洗うようにしましょう。しっかり洗うことで、細菌を落とすことができます。

 

    火をしっかり通そう

調理をする際には、どの食材もしっかり火を通すことを心がけましょう。特に、お肉や魚介類など中まで火が入りにくいものについては、特に心がけ外食する時もお肉の焼き加減をウエルダンで頼むようにしましょう。また、できるのであれば、できるだけ作り置きを避けることです。スープ類や作り置きは、再度食する時には、しっかりと再加熱するように気をつけましょう。

 

    昔ながらの食中毒対策

昔は、冷蔵庫がなかったので殺菌作用の食材を賢く使っていました。おにぎりやお弁当にもしっかり塩や梅干しを使っていました。梅干しに含まれるクエン酸は食中毒の菌を抑えるとも言われています。梅干しも使い方次第ではお肉にいれたり和え物にもできますね。積極的に夏場は取り入れたいものです。

 

 

まとめ

外食が多く、一時期食中毒に頻繁にかかり悩まされていました。極力自炊を心がけてから少しはよくなりましたが、外食が多い人は特に大変かもしれません。ここに書かせていただいた内容も含めてさらに気をつけることで避けたり、軽減させることができることを願えます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ